ホーム

français        english         .

「オステオパシー(オステオパシー医学とも呼ばれる)では、手で触れることによって診断と治療を行います。オステオパシーは、身体と、精神、理性、健康、病気との間の関係を観察します。身体の構造と機能がバランスの良い状態になるよう、身体が本質的に備えている自己治癒能力を使って、健康体へと導いていく治療です。

オステオパットは 「施術士」、手を使った様々な治療技術によって、生理学的機能の改善を図ったり、身体機能(身体構造)障害によって損なわれた健康を改善したりするための施術をします。身体構造障害とはすなわち、骨格、関節、筋膜の構造、及び関連する血管、リンパ、神経と言ったものの損傷や悪化のことを指します。」(WHO)

つまりオステオパシーは、身体、精神だけでなく、取り巻く環境や、ライフスタイルも含めた、患者一人一人の全体像を考慮に入れて施される、穏やかな手技療法です。健康を損ねる可能性のある、身体のさまざまな機能不全を予防し、治療するものです。身体の自己治癒能力をベースにした治療で、生理学と解剖学の深い知識に支えられています。